2009年07月01日

臭い物に蓋をする

知られると都合の悪いことを、一時のがれに隠そうとすること。

企業献金を禁止する政治資金規正法改正案の提出は、
故人献金促進の為のものだったのか・・・orz

切り捨てられた(?)経理担当者はどうなるのだろうか?秘書は?
「故人が勝手にやった」ことになりませんように・・・
心配だ・・・
posted by しかお at 01:21| 東京 🌁| Comment(29) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

妄想は大事

ありがたいことに、昨年に続き今年も仕事をいただいた。
仕事内容が書けないのが残念だ・・・

5月末日から開始して、妄想に妄想を重ねて11日に初稿、
16日に2稿、2日前に完成版を納品。
予定スケジュールから1日遅れたものの、思っていた以上にいいもん作れた。
本当は内容面でもっともっと伝えたいことがあったけど、
伝えすぎると、情報量が肥大化してしまう。
どうしても伝えきれないのが残念・・・

去年は1ヶ月かかっていたのに比べ、格段に短納期。
寝ても覚めても仕事のことを考えるので、大変なわけで・・・
夢の中にまで出てくるのが怖い。
しかし、今年はほとんど夢を見なかったので、高品質?!

今年はいろんなところでマーケティングリサーチを行った。
あまり用がなくても、しかお号(自転車)を使って何回も足を運んだ。
なんて安上がりなマーケティングリサーチなんだろう!
ただの買い物ともいえるけど・・・ ^^;
posted by しかお at 00:46| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 診断士奮戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

また歯が取れた(涙)

手羽先食べている途中に、治療中の歯がまたとれた・・・
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

今日は、大勢の前で話す機会があったが、その時でなくてよかった
(つд`)

明日は豚ウィルスに侵されたと言って、マスクしてごまかそう。
それとも歯抜けを強み(?)として、アピールすべきか??
お年頃には難しい問題だ・・・

もういい加減にしてほしいよ・・・orz
posted by しかお at 00:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

歯がとれた(涙)

久々の投稿。

先週、治療した差し歯がとれてしまった。
前歯なので、笑うと歯抜けがモロわかる。
この年になって「かわいい♪」なんて言われても嬉しくない、
というか、悲しい・・・orz

それで歯医者に行って応急処置をしてもらったけど、
現在、仮歯の状態である。
歯ぐきを黒い糸で縫っているので、笑うと黒い食べカスのように見える。
また、固いものや歯ごたえがあるものを食べると、ヅラ仮歯が移動しそうになる。

あぁ・・・


posted by しかお at 00:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

明けましておめでとうございます(遅)

っていうか、もう旧正月だし・・・

新しい炊飯器を買ったので、まじめにご飯を炊くことが多くなった。
うまい米が炊けると思い、奮発して約55,000円(高い!)のモノを
購入したが、最初に食べたら以前の炊飯器と同じくまずかった(涙)
すごい後悔・・・

でも良く考えたところ、炊飯器がおかしいのではなく、
単に素材自体(無洗米)がダメだったことに気づいた・・・orz
何回かとぎ汁を捨てれば、無洗米でもおいしく食べられるのを初めて知った。

以前の炊飯器ともっとも違うのは、長時間保温してもおいしいことである。
炊飯後12時間ぐらいだったら、炊きたてとあまり変わらない。
さすがに18時間保温したものは変色したけどおいしく食べられ、
以前の炊飯器の4〜5時間経過した鮮度と同等のような気がする。

ただ「40時間経過しても炊きたてのようなごはんの色とつや」
とカタログに書いてあったが、18時間保温で変色しているので
一応「写真はイメージです」とも書いてあるのだけど、
はっきり言って偽り広告だ。


美容関連広告でよくある、Before - Afterの写真と一緒で騙された(?)のか?
それとも米が悪かったのか?
こんなとき「ご相談センター」に相談した方が良いのだろうか?
相談した時に、どのような対応をするのかは知りたい。興味本位で。

とはいえ、それなりにおいしく炊けるので満足。
おかけで引きこもりする時間も体重も増えた・・・orz

posted by しかお at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

引っ越し

今月未明、アジトの移転を完了。

移転はすでにしたものの、本業や実務従事でやたら忙しくて、
ブログ更新しないままでいたら年末になってしまった。

また、移転に伴いFAX複合機を購入したし、会議や作業ができる机もあるので、
アジトがスモールオフィスとして機能するようになった。

ただ結局、本の整理は不十分のままで、1部屋が本と衣類で占領。
部屋が広くなったはずなのに意味がない・・・orz
正月から徐々に整理したい。

引っ越しすると、新しいものが欲しくなる。挙げてみると・・・
 ・液晶テレビ(今は20年もののブラウン管テレビ)
 ・ブルーレイ(今はビデオ)
 ・ベッド(今はフローリングの部屋でせんべい布団)
 ・電子レンジwithトースト機能付き(今のは30年もの)
 ・冷蔵庫(今のは17年もの、最近はコンプレッサー音がうるさい)
 ・IC炊飯器(今のは推定25年?もの、あ、無期限の借り物だった)
 ・自動掃除機ルンバ(今のは15年ものだが不便はない)
 ・食器棚(食器自体は必要ないが・・・)
その他もろもろ・・・

ベッドと食器棚以外はいずれも今でも使えるものである。
古いものは全部もらいものだけど壊れない。さすがはMade in Japan。
いいことなんだけど、特に電子レンジは温める機能しかないのに、
スチームレンジ並みの大きさである。
しかも食器棚もないため、地下床置きである(涙)
以前は洗濯機の上の乾燥機があった場所に置いていて、
電子レンジに気づいた来客はびっくりしていた(笑)
もっとも、インテリアとしてマッチしていたので
気づかない来客のほうが多かったけど。

その他もろもろも含めて全部買うと、なんと100万円になってしまう。
さすがに貧乏コンサルタントでは購入することができない。
よって、欲しい順に優先順位をつけると、ルンバが1番!!
留守中に掃除してくれるなんて、すごいよね!

だめだこりゃ・・・orz


posted by しかお at 11:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

大掃除

近々夜逃げを決行予定。
ただし決行日はシークレット(笑)

というわけで、夜逃げ前の大掃除を行っている。
進捗状況は3割といったところだろうか。

捨てたと思っていた壊れたビデオデッキが収納スペースの奥底にあり、
粗大ごみに出したらお金を取られたりもしたが、
昔やっていた500円玉貯金が結構貯まっていたりして、
ここのところ安くなっているエアコンが買えそうである。。

終わるかどうかがわからないのが、書籍や資料の整理である。
今日、会社の物流センターから不要になった段ボールの空き箱が到着したので
これから整理しようと思っているのけど、
中途半端な整理のままだった。
5Sの重要性をいまさらながら知る・・・orz
もっとも大変なのが、診断協会やFP協会から来る毎月の読み物。
しばらく読んでいなく、まさに積ん読状態。
捨てるのも忍びないし、かといってこれから読むのも・・・
困ったものだ(自爆)

この調子だと、まだまだ終わりそうもない・・・orz
posted by しかお at 21:40| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

フットサル強化?合宿 in 那須

昨日から今日にかけて、フットサルのメンバー4人で
那須温泉に行ってきた。
バーベキューや忘年会などは行ってきたが、旅行は初めての試みである。
やることは行った先で決めるという、場当たり旅行である。

朝、東大宮で集合、佐野SAでバイキングでたらふく食べて、
昼まえに那須に到着。
パン&喫茶店でコーヒーブレイクしたのち、宿に到着。
しかし、ここでも早すぎる到着のため、民宿に誰もおらず、
どこか行こうということで、温泉神社周辺にある殺生石を観光。

那須温泉で有名な「鹿の湯」に入る。
41度から48度まで、6つの湯船に分かれている。当然源泉掛け流し。
湯船は約1.5メートル四方のため、1つの湯船は大人4人が限度である。
自分は42度から入り、44度、46度、48度の湯船に浸かった。
48度の湯船は独特の雰囲気があり、周りは常連さんばかり。
入り方にもルールがあるらしく、一人の人が入っていたらなるべく
入らない、もし入る時出る時は波を立たないように注意する、
入ったら3分(3分半?)浸かる、ということを教えてもらった。
48度は体はひりひりするが、入れないというレベルではなかった。
ゆでガエルシンドロームの、カエルの気持ちがわかる(笑)

「鹿の湯」の後は、パターゴルフ大会。予想外の盛り上がり。
斜面に造っていて、芝生もぼろぼろなので、結構難しい。
優勝は、ほとんど崩れなかった自分!!
ゴルフでいかにパットが良く、ドライバーが悪いのかを改めて認識。

宿にチェックインし、宿近くの公共の温泉に浸かる。
宿には風呂がないらしい、昔ながらのスタンスである。
「鹿の湯」と同じ源泉で、同じような2つの湯船があった。
石鹸やボディーシャンプーは使用禁止である。
なんでも温泉で体の汚れが取れるらしい。
湯船の温度調整の方法も教わった。
やっぱり、地元の人たちとのコミュニケーションは必要だ。

体のぽかぽか感がなかなか消えないので、湯ざめしにくい温泉である。
宿のおやじさんが、まともに歩けない人が元気に歩けるようになった
お客様もいるとも言っていた。

宿の夕食。
安くてボリュームのある料理が、今回泊まった民宿のポリシーらしい。
確かに量が多い。
にも関わらず、ご飯をおかわり。今回の旅行では食べてばかりだ。
で、飲んで、眠って、また温泉。
極楽、極楽。

次の日(今日)。
10時にチェックアウト。
途中でコーヒーを飲みたいという人がいて、コーヒーブレイク。
自分は店長が天下一品と言っていたココアを注文したが、
本当に天下一品だった。確かにうまい!!
いつの間にかココアが人気になったらしい。
ココアの味をほめたせいか、おつまみやリンゴをサービスしてくれた。
でも、「控え目な店長」と書いてあるのにはうらはらに、
絵画やウィスキー、手作り品を何気なく自慢していた・・・

そのあとは、どこに行くのでもなく、東大宮に帰宅。
途中、大河内SAでよこすか海軍カレーパンが売っていた。なぜ?

東大宮で解散する前に、みんなでローメンを食す。
長野の伊那ではB級グルメで有名らしい。
ここでも飲んで、食べて・・・orz

たまには日常を忘れるのもいいね。
フットサルの強化合宿はどうなったのだろうか・・・
posted by しかお at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 冒険記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

米粒のような資格

たまたま診断士の登録証をみたら思いだした。

先日の話しであるが、机と椅子を運ぶ時にレンタカーを使った。
レンタカーを借りる時、クレジットカードを自宅に忘れてしまい、
おねぇさんに「免許証と何か証明するものを提示してください」
と言われた。
キャッシュカードもダメ、フィットネスクラブの会員カードもダメ、
名刺もダメだと思っていたら、名刺入れから証明になるものをみつけた。

『中小企業診断士登録証』である。

経済産業大臣お墨付きの登録証、恥ずかしながら提示してみた。
そう、診断士に関わる人以外に提示するのは初めてである。

そうしたら、おねぇさん曰く・・・
続きを読む
posted by しかお at 07:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

診断士試験ふりかえり 事例2

診断士第2次試験をのんびりと振り返るシリーズ2回目
※あくまでも、これは個人的見解です。

今年の事例Uは、高級旅館の事例。
静岡県畑毛温泉の大仙家がモデルか?
御殿場のアウトレット・モールは既にできているし、
B社よりも部屋数が多いし、宿泊料は安いし、子連れOKだけど・・・
しかし、この旅館からパクっている情報がかなりある。

本試験ではマーケ事例に限らず、すべての事例で企業がイメージ
できることがとても重要だ。

設問構成は以下の通り。
 第1問 強み
 第2問 脅威(弱み?)
 第3問 ドメイン+4P
 第4問 プロモーション(新規&既存客)
 第5問 新規事業開発(H温泉組合)

平成18年の事例U(テニススクール)の問題を思いだす。
有形・無形資産を切り分けできなかったのが、
この年の不合格の原因だったと思う。
いまだにこの手の事例は苦手だ・・・(克服できたと思うけど)

設問は全部で6問、字数は520文字。例年に比べるとかなり少なめ。
まさに岩崎先生の作問だ。やはり採点するのが面倒か?
しかも、B社に直接関係しない温泉組合の新規事業に、
計200字(全体の38%)を書かせようとしている。
もっとも、温泉街が寂れるとB社もダメになるので、間接的な影響はあるが・・・

この事例企業の一番特徴は50,000円〜(1泊2食付)という価格設定である。
旅館業界では高価格と低価格の二極化傾向にあるけど、
試験問題とはいえ、この価格設定はいかがなものか?
っていうか、貧乏旅行者はこんな宿に泊まれない。
いや、泊まらせてほしい、お願い!(哀)
だいたい5万円も予算があれば海外に行ってしまうよね。

飲食・土産などの非宿泊収入は、だいたい1人当たり5,000円ぐらいと
言われているので、B社の売上は1人当たり55,000円だと考えられる。
陶芸教室があることも考えれば、妥当ではないだろうか?
年商は約4億円なので、年中無休だとして、1日当たり約110万円の収入。
つまり、1日当たりの来客数は20名(1,110,000÷55,000円)である。
1部屋当たり客数が平均2.5人と仮定すると、客室数は10部屋なので、
B社の年平均客室稼働率は、なんと80%!
旅館業界平均は約39.5%(1999年)なので、かなり高い稼働率である。
おまけに、「平日の予約状況に空きがでるようになった」と
記述されており、それまではもっと稼働率があったのだろうか?
都会のビジネスホテルならわかるが、地方のただの温泉地で、
しかも50,000円の旅館で、こんな稼働率はありえない!


この旅館には活用できる資源がたくさんある。
外国人客の誘致、建設中のアウトレット・モール、地元の農家、
ホームページの積極的活用・・・etc.
しかし、活用するのに課題も多い。

●外国人客の誘致
子連れを断るほどの旅館であれば、コンセプトを維持するために、
外国人にもそれなりのマナーを守ってもらうことが必要である。
そのためには、英語や中国語などの外国語を話せる仲居が必要である。
10名の仲居に対し語学教育が必要であるが、どうやって教育するのか?
また、外国語の張り紙があると、和風の雰囲気が台無しになる。
どうやって解消していくのか?
組織事例なのではないので、関係ないかもしれないが・・・

●アウトレット・モールとの連携
アウトレット・モールに行く顧客は、ブランドの衣料品等を
買い求める層が大半であろう。
1日で見きれなくて、仮に宿泊することになっても、
自分なら安い宿に宿泊して、浮いたお金でブランド品を買う。
都心から1時間半の日帰り圏で、旅館まで車で30分ほどかかるので、
自分なら泊まらないで、せいぜい温泉につかるだけで終わるだろう。
どうせ貧乏人だからこんな発想にしかならないよ(逆ギレ)

●ホームページの積極的活用
これは必要だと思うが、解答に盛り込めそうなところがない。
設問からカットしたのか?

●地元の農家
地産地消の農産物等は魅力的である。これを活用しない手はない。
しかし、「関さば」「三ケ日みかん」というようなブランド化は
まだできていないと言える。
B社にも温泉組合にもあまり関係ないが、地域資源の活用の観点から、
農産物においてもブランド化を高めることは必要であるだろう。

よく見てみると、結構矛盾が多い事例だったような気がする。
説得性がカギである。
この事例が一番得点に差が出るかもしれない。
posted by しかお at 02:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。