2008年09月27日

今日公園にて

他人のことを言う前に、自分のことがまったくできていなかったので、
リハビリを兼ねて、久々に大学の図書館へ勉強しに行く。

自転車で行く時は、いろいろなルートを通るのであるが、
今日は上り坂が厳しいけど、気持ちがいい「公園経由」ルート。

公園では、フォルクローレを弾いていた人たちに遭遇した。
学生の頃、ペルーやボリビアに個人旅行をしたときの思い出が
よみがえってくる。
炎天下で日焼けしたこと、空気が薄くて少し歩くだけで息切れすること
など、実際に旅をしてみなければ感じないことも思い出した。
「旅に出たい」病が再発だ・・・

本当は、有給も使って今日から3日間旅に出ようと思っていたが、
月曜日に仕事と懇親会が入ってしまい、結局行けずじまい。
今年はいっぱい旅に出たいと思っていたのに、こんなことが多い。

10月の3連休こそ、どこかに旅に出たい!

といいながら、今年は何度ダメになったことやら・・・orz


で、大学の食堂で昼食をとり、午後から集中して勉強!!
のつもりだったが、途中でばっちり睡眠学習・・・zzz
やっぱり、勉強すると眠くなるよね(って、おいらだけ?)

posted by しかお at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

今年の夏が快適だったわけ

いよいよ涼しくなり始めた。

今年の夏は家にいても快適だった。
『あいつ』が来なかったから・・・
目が合うと、ずっと見つめあってしまい・・・

いや、油断は禁物だ
posted by しかお at 23:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

採点にかける時間

机上の空論だが、試験委員が採点にかける時間を考えてみる。
さて、採点するのにどれぐらいかかるのだろうか?

今年の2次試験(筆記)は10月19日で、合格発表(筆記)が12月5日。
つまり、47日間のうちに2次試験の結果が発表される。

試験委員への答案発送や採点後の答案回収にかかるリードタイム、
回収後の4事例の得点集計、ホームページ作成、試験結果の通知表の作成など、
診断協会での事務作業に7日間かかると仮定すると、
出題委員が採点できる日数は、実質40日と考える。

受験生のころは、試験から結果が出るまでの時間が長いなぁ、と思っていたが、
視点を変えるとずいぶん短く感じるものである。


1日平均8時間(休みなし)を採点に費やすことができると仮定すると、
8時間×40日=320時間(19,200分) で採点を行うことになる。
実際には講義、ゼミ、執筆活動などの本来の業務もあるはずなので、
採点に320時間もかけることができないかもしれない。

今年の2次受験生が4,500人だと仮定すると、1枚採点するのに
 19,200分÷4,500枚≒256秒 
つまり、1枚採点するのに、約4分16秒しかかけられないのである。
ちなみに、受験生が5,000人だったら、約3分50秒である。

さらに、全部で7問出題された(H19事例T)と仮定すると、
 256秒÷7問≒36秒(1秒未満切捨)である。
つまり、設問ひとつにつき約36秒しか採点する時間がないのである。
1枚1枚、じっくりと答案を見ている場合ではなさそうである。

しかも、設問ごとの得点も集計して、総得点も出さないといけない。
得点集計時間を考えれば、実際の採点時間はもっと少ないはずである。
もっとも集計は、家族や弟子のゼミ生にちゃっかり(笑)
手伝わせたりしているかも知れないが・・・

出題委員は、過酷な条件のなかで採点をしていることを肝に銘じておきたい。
これも受験生時代には、まったく考えていなかったことである。


2次答練の添削で思うことシリーズで、
 ・文字が読みにくい答案
 ・空白のある答案
 ・誤字・脱字がある答案

を、品位のない答案(この表現が適切かどうかはビミョー)としたが、
いずれも今日からすぐに改善できるものばかりである。

2次答練の添削の際に感じたことだが、
品位のない答案をみると、がっかりしてくる。
逆に品位のある答案(この表現もビミョー)をみると、
じっくりと読みたくなる。
採点する側から言えば、心情的にどちらに採点時間をかけたくなるだろうか?
(すべてのケースにあてはまるわけではありませんが・・・)

また、採点にあまり時間がかけられない中で、出題委員は
字が読みにくい答案や誤字・脱字のある答案について、
内容面をしっかり見てくれるのだろうか?
(以前、誤字・脱字は「私が試験委員なら0点にする」と書いた根拠です)
0点(←ちなみに設問単位です、念のため)は極論にしても、
かなり心証が悪くなることは否めない。

ひとつだけ言えるのは、
採点するのは人間なので、マイナスの心証となる答案を作らない
ことだと思う。

受験生時代は、頭の中ではわかっていたつもりだったかもしれない。
添削するまでは、他人事のようにしか意識していなかった。

今さらながら、簡潔でわかりやすい文章が
答案に求められていることもわかった・・・

posted by しかお at 06:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断士受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

へたこいた〜

今日は実務従事の日。

午前中、会社で明日の研究会の資料を準備して、
午後から東京某所にある診断先へ行った。
実務従事のメンバーは、全員診断士1年生ながらかなり優秀で、
なにも苦労もなく、ヒアリングを行い、終了した。
(しかも診断士1年目で早くも書籍を出した人が、メンバーに2名もいる!)

しかし、へたこいた話は、この実務従事とは関係ない。
(↑じゃぁ書くな!)

実務従事が夕方に終了したので、フィットネスクラブに行くか髪を切るか悩んだが、
フィットネスクラブに行くことに決めて、準備のため自宅に戻った。
ここ1ヶ月ぐらい忙しくて、フィットネスクラブにもフットサルにも行けてなかった。
2か月間髪も切っていないため、ジャニーズのNEWS?のような長髪になっている。

自宅に戻り、スパゲッティを食べて準備万端。
しかし、おなかいっぱいになったら急に眠気がでてきた。
つい横になったら、知らない間に眠ってしまった・・・


知らない会社で、先輩診断士と企業診断をしていた。
プロジェクトを行うか行わないかの意思決定問題を抱えている。
会社がつぶれそうな状態で、みんなが右往左往している。
プロジェクトの内容はわからないが、「意思決定をしない」案は
会社を閉鎖するに等しいらしい。
自分は必死になって「意思決定する」案を主張したものの、
みんなの反応が悪い。
飲み屋の席でも、みんなの意見を聞いたが、みんながつらそうなのを
見かねた先輩診断士から、「もうこれ以上聞かなくてもいいだろ!」
と止められた。
結局、「意思決定をしない」案が採択された。
その会社の人たちは、うっすら涙を浮かべていたのが印象的だった。
そのうち、外が大雨になり、帰れなくなった。
どうしようかと思っているうち・・・



( ゚Д゚)ハッ!
時計を見たら10時ちょっと前。
10時と言えば、研究会が始まる時間だ!!
やべぇ、へたこいた〜 遅刻だ〜

寝ぼけながら遅刻の言い訳を考えてみる。
最近疲れていたし、だいたい外も暗いし・・・
あれ?外が暗い??
朝が来ない? いや、まだ夜??
今日はいつ? 私は誰?? ここは天国???

そうです、研究会は12時間後です。
眠気がすっ飛んでしまったよ・・・orz
中途半端に寝てしまった、どうしよう・・・

posted by しかお at 23:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎ブログ(夢) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

2次答練の添削で思うこと(その3)

今回で3回目、引き続き品位のない答案を挙げてみる。


その3:誤字・脱字がある答案

人間間違いがあるのは分かるのだけど、
答案で、誤字・脱字が多いのがとても気になる。
文字が読みにくい答案と同様、答案を書く本人に自覚が全くない。
「業績」を「業積」と書いたり、「進捗」を「進渉」と書いたりする。
そんな答案がありえないほど多い。

今ある添削答案25枚中8枚(約3割)に誤字・脱字が存在する。(涙)

8か所ではなく、8枚である。 8人だよ!!
インド人もびっくりだ!!(謎)

解読不能(または読みにくい)な文字を入れるとさらに増える。
おまけに2次試験を経験された人対象の答案である。(たぶん)
普段の仕事でも、誤字・脱字ばかりしているのだろうか?

誤字・脱字があった設問は「0点」の可能性があると考える。
なぜなら、診断士としての資質がないと判断されるからである。


診断士試験は、国家が認めたプロのコンサルタントである。
出題委員の多くが大学教授を経験しており、論文について
厳格なプロでもある。
そんな出題委員を前に、くだらない誤字・脱字をすれば、
「レベルが低い」と思われ、大きな×がつけられてもおかしくはない。
(間違った使い方しているキーワードも同様)
また、答案がコンサルティングレポートだったらどうだろうか?
果たして、クライアントは質の悪いレポートを信用してくれるのだろうか?
少なくても、有能なコンサルタントとは思ってくれないはずである。

答練や模試では、1人でも合格してほしいと、受験指導校の目的があるため、
答案に書いてある文章表現やキーワードなどの内容面が正しいか
どうかを優先的にチェックを行い、誤字・脱字があっても採点を行う。
もちろん、重大な誤字だったら減点するけど・・・

しかし、本試験の場合4,000枚以上(今年は5,000枚?)の答案がある。
受験生を落とすための試験の中で、誤字・脱字のある答案について、
答練や模試のように中身まで見てくれるだろうか?
自分だったら、中身を見ずに「0点」とする。
根拠については、次回に・・・

試験時間終了前に、一度答案を見直してみることをお勧めする。
1〜2分あればできる作業である。
仕事では、報告書やメールを出す前に文章チェックをしているはずである。
基本的には同じことである。
posted by しかお at 13:20| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 診断士受験日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。