2006年03月26日

サーバの作業って疲れる

最近、会社でハウジング契約(コンピュータを運用するのに安全な場所を
借りる契約)を行い、ラック(ロッカーみたいなもの)にサーバを
設置しマウント(操作可能にすること)作業する、
という地道な作業が続いている。

うちの会社は、人的資源が少ないので、平日に行うことができず、
土日を使って作業が進められる。
なぜかシステム担当でもあるので、当然のように休日出勤。
休日出勤しないポリシーを持っているが、仕方がない。
ほかの会社を見たら、設置作業員が4倍、マウント作業員2倍で
非常に効率的で、なんか悔しい(当社比)。

ところで、サーバ設置場所に長くいると、とても疲れる。
普通に仕事しているときの2倍近い疲れである。
帰宅すると疲れて勉強する気にならない(言い訳)
おまけに休日出勤で学校にも行けない。
会社では代休とってもいいよといわれるが、
月曜日の実家の新築引渡し以外で、休めそうな日が不透明である。
(その月曜日も、電話での仕事のやり取りがすでに数件入っている
ので、果たして代休といえるかどうかはビミョーだけど・・・)
勉強していることも言えず、自分に愚痴愚痴な毎日。

ただし今回違うのは、新しい事業ドメインと戦略の方向性を
企画書に盛り込んで、上司に提案(実践)を行っている点である。
ひそかに診断士勉強とのシナジーを図っている。
「部下」の立場で「コンサル」の視点で意見をいっても
生意気だと評価されるかもしれないけど、
勉強してきたことを実践の場にだせることは、とても楽しい。
それと2次試験の勉強の必要性を感じている今日この頃。

4月になって、万が一休める日があったら、どこか旅に出たいね!

posted by しかお at 00:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『人事労務管理の機能』  (経営管理面から)
Excerpt:  人事労務管理の基本的な役割を整理すると・・・ @会社が居てほしい人材を確保・維持 A働く人のニーズを満たす B労働組合・個別との調整し使う人(使用者)と使われる人(労働者)との間に入る。    ま..
Weblog: 魔法の人事労務マネージメント。
Tracked: 2006-03-26 10:33

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。